バリュー投資

わたしたちが行うことができる投資にはさまざまなものがありますが、もっともよく知られている投資取引の一つに、株式投資があります。

株式投資とは、株券を利用した投資取引の事を言い、株式とは、企業などが事業を行うなどの理由で資金を必要とした場合に行われる資金調達の手段の一つになります。
企業は、その事業を行ったり経営を維持したり、また設備を増やしたりなどしていきながら、企業のサービスを提供してその対価として利益を得ていくことをその存在の目的としています。

こうした事を行うために、企業はそのための資金を集める必要があるのですが、そのうちの一つが株式になり、企業は株券を発行してこれを販売し、これを買った人たちにその企業のオーナーになってもらうことで、資金の提供を受ける事になります。

資金の受けた企業は、それをもとに企業の運営や事業に取り組み、そこから上げられた収益を分配し、企業のオーナーである株主に対して、配当金として支払っていくことになるのです。

この株券は、有価証券として取り扱われ証券会社などを利用して購入することが可能となっています。
また、この株券は証券取引所で開かれている株式市場で売買取引が行われているために、証券会社を介することで株券を売ったり買ったりという事も行えます。短期の取引の場合は、http://www.ハイローオーストラリア.jp/というサービスが話題を呼んでいるといわれています。

こうして株式市場にて株券を売買して、そこに生じている株式相場の変動を利用して利益を求めていくものが株式投資となっており、株式を利用して投資を行い利益を上げる方法には大きく二つの種類があります。
一つは株券を長期保持してそこから上げられる配当金を求めるもの、もう一つは株式市場の相場変動を利用しながら株式の売買取引を繰り返してその差額を利益とするもので、前者で生まれる利益の事をインカムゲイン、後者で生まれる利益の事をキャピタルゲインと呼んでいるのです。

このように、行われていく株式投資ですが、この株式投資での投資の方法には様々な方法があり、その中の一つがバリュー投資と呼ばれているものになります。

バリュー投資の投資手法では、安い株銘柄を買い注文を入れて保持して置いておき、これが高くなった状態になったら売り注文を入れて解消するという方法を取ります。
この時に買う株銘柄のポイントは、その株を保持している企業の評価よりも安くなっている状態で、あまり注目されていない株銘柄にたいして買い注文を行うというものになります。

その企業の業績や財政状態の状況などから、もっと人気が出てもおかしくないのに、株の評価が低く、安くなっている株銘柄を買い注文で保持しておくことにより、その企業に適切な注目が集まり、これによって株銘柄の価格が適正に戻るために、その時に売れば利益が出るという事になるのです。